ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」の気になるあらすじ詳細まとめ(4-6話)|ネタバレ注意

ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」が

2021年1月11日(月)24:25より、

フジテレビで地上波放送をスタートします。

すでにFODで好評配信中のドラマですが、

地上波で放送されることで、認知度が高まりそうですね。

漫画原作・年の差恋愛・2人の男性の間で揺れる女心…

と、アラサー女子にはたまらないキーワードが詰まっています。

そしてドラマを見たら、

すぐにネタバレあらすじを知りたくなってしまいますよね。

わかります、その気持ち!

ということで、今回は、

ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」のネタバレあらすじを詳細にまとめました。

この記事でわかること
  • ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」の作品情報
  • ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」3話までのあらすじ
  • ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」4-6話のあらすじ詳細

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」作品情報

原作畑 亜希美「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」
脚本関久代
音楽鈴木ヤスヨシ
企画・プロデュース清水一幸
プロデューサー木村綾乃
演出宮脇亮、浅見真史
主題歌ほのかりん「おまじない」
制作協力The icon
制作著作フジテレビジョン
出演キャスト●松井玲奈(森山志乃)
●鈴木仁(佐藤真雪)
●森矢カンナ(金子聡子)
●出口夏希(今井恵菜)
●太田莉菜(逢坂美鶴)
●おかやまはじめ(今井辰蔵)
●福士誠治(河合健人)

ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」は、

小学館の「姉系プチコミック」で連載された

同名の人気コミックが原作のラブストーリーです。

2020年9月15日から、FODでオリジナルドラマとして全8話が配信されています。

2021年1月11日(月)24:25から、地上波での放映が決定しました。

元SKE48、乃木坂46松井玲奈さんと

ドラマ「TWO WEEKS」「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」などに出演の

鈴木仁さんが織りなすラブストーリーです。

ドラマ上は、30歳の女性と9最年下男子のラブストーリーですが、

2人の実際の年齢差も8歳なので、結構リアルですよね。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」第3話までのあらすじ

たいていのことは一通り経験してきた、

あとは結婚…と思っていた森下志乃、30歳。

30代は結婚に向けて要領よく同年代の男性と結婚したいと思っていたのに、

9個下の21歳・佐藤真雪に告白され、

「結婚相手が見つかるまで」を条件に付き合うことに。

そんな志乃に、母親からお見合い話が舞い込みます。

お見合い相手の河合健人は結婚相手には申し分なく、

健人とのデートを重ねつつ、

真雪とは同棲をスタートさせた志乃でしたが、

真雪との間には溝ができてしまいます。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」第4話 捨てます あらすじ

志乃の勤務先「四つ葉ホームズ」では、

40周年の区切りにCMを制作することに。

イメージキャラクターには遅咲きで

ブレイクし始めている女優・逢坂美鶴が起用されました。

CM撮影の当日、美鶴から名指しで呼び出された志乃は、

「健人と同級生だった」と告げられ、

美鶴が河合の彼女だ、と気づきます。

健人に対して不信感がつのってしまう志乃でしたが、

それと同時に、「健人を責める権利はない」と悩んでしまいます。

バレンタインの日、健人のマンションを訪ねた志乃は、

健人のきれいな部屋や用意してくれた食事を堪能して、

理想的な結婚相手だなと思いますが、

進展する前に美鶴とのことをちゃんと聞こうと思っていました。

「2人は恋人ではないか?」と健人に問います。

「美鶴とは大学時代から付き合っている」と答える健人ですが、

結婚観が一致せず、話はついているとも言い、

キッパリと「美鶴を捨てる」と宣言します。

志乃の心はますます揺れてしまうのでした。

一方で、バレンタインが誕生日だった真雪。

真雪に惹かれる気持ちも止められない志乃でしたが、

真雪が本気で志乃に向き合っているからこそ、

2人の間で揺れる自分の気持ちにケリをつけて、

キッパリと「真雪を捨てる」と決めるのでした。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」第5話 31歳の選択 あらすじ

健人から豪華なレストランに誘われ、プロポーズされた志乃は、

真雪との関係を終わらせ、健人と真剣に付き合おうと決めます。

健人は美鶴に、志乃へプロポーズしたことを報告し、

「これでよかったんだよな?」と言います。

美鶴は、「よかったんだよ」と返し、

「お互いやりたい方へ向かっているよ」と笑います。

志乃が、健人にプロポーズの返事を伝える大事な日。

勝負服ででかけた志乃は、電車のホームで真雪と遭遇します。

そした、思いがけず真雪からもプロポーズをされます。

真剣な真雪の想いに揺れる気持ちを感じつつ、

志乃は年齢の引け目を捨て去ることが出来ず、

「結婚相手が見つかるまでの条券だったでしょう」

「結婚ってそんな簡単じゃないよ」と

真雪を子供扱いしてやり過ごそうとします。

それが一番真雪を傷つけるとわかっていても。

それでも食い下がる真雪にいたたまれない志乃は、

来た電車に飛び乗り、健人の元へ向かいます。

プロポーズを受け入れると伝えますが、

実は健人はホームでの志乃と真雪を見かけていました。

それでも、志乃の「実感が欲しい」という気持ちを察した健人は、

ホテルへ向かうのでした。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」第6話 揺れる あらすじ

健人からのプロポーズを受けることに決めた志乃でしたが、

真雪への想いを打ち消すことができなくて、

河合と訪れたホテルの部屋で、涙を流してしまいます。

要領のいい生き方を選んできたはずなのに、気持ちの整理をつけることができません。

一方、志乃の家から出て勤務先の社長の家へ居候している真雪は、

仕事で出入りしていた会社で健人と遭遇します。

「君、女子人気があるよ。今度合コン設定しようか?若いっていいね」と

声をかけられた真雪は、

健人が志乃のお見合い相手だとは知らずに、

「若いって言うだけで相手にされないこともある」と愚痴ってしまいます。

一方、健人は、真雪が志乃の彼氏だと気づきながらも、

「若いなら若いなりに突っ走れ!」と励まします。

健人自身も、元恋人・美鶴への想いを断ち切れずにいました。

健人の励ましに影響された真雪は、

諦められない志乃への想いを伝えるため、マンションの前で待ち伏せします。

「好きだから結婚したい。俺のこと嫌い?」と詰め寄りますが、

美鶴から、健人への想いを断ち切るため、

健人との関係を進めてほしいと頼まれたばかりの志乃は

戸惑ってしまいます。

その後、会社で遭遇した真雪と志乃は、エレベーターで2人きりになってしまいます。

「俺が諦めたら楽になる?苦しいんでしょう?」と伝える真雪に、

志乃の想いは爆発し、ふたりは気持ちを伝え合います。

一方で、健人も、

断ち切れない美鶴への思いを胸に行動にでます。

まとめ

3話までは、揺れ動く気持ち、わかる~

年下にはキュンとするよね~

と共感していましたが、

段々と志乃の煮え切らない行動に悶々としてきちゃいました。

が、

ようやく真雪を選ぶことにしたのかな?って感じで、

再びキュンとしながらニヤニヤ見れる展開になってきたようです。

残り2話のあらすじも、気になるところですね!

error: Content is protected !!